閉じる

初診予約

心療内科・神経科 赤坂クリニック

Web予約

電話予約

03-5575-8198

横浜クリニック

Web予約

電話予約

045-317-5953

なごやメンタルクリニック

Web予約

電話予約

052-453-5251

※必ずご本人様よりお電話ください。

※受付時間をご確認の上、お電話ください。

※初診の方は、こちらをお読みください。

再診予約

心療内科・神経科 赤坂クリニック

Web予約

横浜クリニック

Web予約

なごやメンタルクリニック

Web予約

和楽会オンライン心理相談室

Web予約

※最終来院日から半年以上経っている場合は、お電話でご予約ください。

横浜クリニック

横浜クリニック

Yokohama Clinic

院長のご挨拶

樋山 光教

横浜クリニック

院長 境 洋二郎

2022年3月より院長に就任することとなりました。クリニックスタッフとともに、最良の医療を皆様にお届けできるように努力して参ります。どうぞよろしくお願い致します。
私はこれまで、総合病院、大学病院、クリニックで、心療内科、精神科の診療、また企業の産業医、学校の健康相談医としての業務に携わってきました。東京大学心療内科の大学院では、赤坂クリニックに通院中の方に参加頂き、パニック症(障害)の非発作安静時の脳機能の特徴や、認知行動療法で治療を行った前後の脳機能の変化を測定する脳機能画像研究を行いました。不安症などの精神疾患では、一般的な病院の検査では異常を認めないのですが、脳内のブドウ糖代謝を見ることが出来る検査にて、発作時でなくても不安や恐怖に関わる扁桃体などの活動が活発になっていること、認知行動療法にて治療を行った後、前頭葉の活動が上昇し、記憶に関連する海馬の活動が低下するなどの変化を確認することが出来ました。パニック症、社交不安症などの不安症の多くでは、薬物療法、認知行動療法が有効ですが、それぞれの治療がより効果的な病態があり、適切に組み合わせることが症状や生活の制限の改善に役立ちます。適切な定期薬物療法で、突然のパニック発作や持続的な不安が治まったり、不安や恐怖条件付けされた病態を理解し認知行動療法の取り組みを行うことで、制限された行動範囲が広がったり、薬物の減量や中止につながったり、生活の質が向上したりします。
近年、不安症、うつ病や双極性障害、適応障害の背景に、自閉スペクトラム症や注意欠如多動症などの発達特性を持つ方も多いことが明らかになっております。それぞれの方の特性を踏まえ工夫、環境調整や、得意な面を活かすことで、安定した生活を過ごされている方もいらっしゃいます。発達障害の専門治療プログラムを施行してはおりませんが、一般診療の中で、生活指導や薬物調整等を行い、生活改善の支援を行っております。
また、クリニックや病院での診療経験、労災病院での勤務経験、産業医として従事している経験も活かし、勤労者のメンタルヘルスにも取り組んでおります。うつ病や双極性障害、ストレス反応による適応障害などの方も多く、環境調整や休養、薬物療法、認知療法、休職からの復職や新たな就労を目指す方の診療にも携わっております。一般的な会社勤めの働き方のみでなく、多様な働き方、生活の仕方をされている方が多くいらっしゃいます。それぞれの方の目指したい生活で、安定した生活がおくれるように支援していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

医師の紹介

貝谷 久宣(かいや ひさのぶ)

診療に対するモットー

日々の臨床の中で、私が心がけていることは、限られた診察時間の中で、まずは、しっかりと患者さんのお話を聞き、患者さんの苦しんでおられる症状、悩んでおられること、解決したいと考えておられる問題などを明確にし、医療の立場から何ができるかということを提示し、最善と思われる治療を提供していくということです。患者さんのニーズをしっかりと把握して、その上で個々の患者さんに最適の治療を提供し、1日も早くお元気になっていただきたいと考えています。

略歴

1943年 名古屋生まれ。
愛知県立明和高等学校、名古屋市立大学を卒業後、岐阜大学医学部神経精神医学教室に所属し、恩師難波益之教授の指導の下に神経病理学、生物学的精神医学の研究に従事。1972年より2年間、ミュンヘン・マックスプランク精神医学研究所に留学。帰国後講師、助教授を歴任。1991年より2年間自衛隊中央病院神経科部長を務め1993年2月開院。
著書「不安・恐怖症、パニック障害の克服」講談社、1996年。
共著「不安症の時代」日本評論社、1997年。
著書「脳内不安物質」講談社、1997年。

NHK「ためしてガッテン」、NHK BS「美と健康の新常識」などに出演。
その他、民放テレビにも多数出演している。

略歴を見る

閉じる

貝谷 久宣

境 洋二郎(さかい ようじろう)

診療に対するモットー

それぞれの方々の仕事や家庭、勉強、遊び等の生活において、その方が能力を十分発揮できるようお手伝いをしたいと考えております

略歴

福岡県出身、1996年筑波大学医学専門学群卒業、1996年国立国際医療センター内科研修医、1998年横浜労災病院心療内科専修医、2004年東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)修了、2004年マギル大学モントリオール神経科学研究所博士研究員、2006年福島県立医科大学神経精神医学講座助手・助教、2011年横浜労災病院心療内科副部長等を経て、2014年より心療内科・神経科赤坂クリニック勤務。
パニック障害の認知行動療法前後の脳内グルコース代謝についての研究にて医学博士取得。
資格:心療内科専門医、日本精神神経学会精神科専門医、日本医師会認定産業医、精神保健指定医。

略歴を見る

閉じる

境 洋二郎

石原 紗也(いしはら さや)

診療に対するモットー

おひとりおひとりに合った診療ができるよう心がけております。

略歴

香川大学卒業。
東京医科歯科大学精神科所属。

略歴を見る

閉じる

石原 紗也

内田 千代子 (うちだ ちよこ)

診療に対するモットー

最新の精神医学の知識に基づき、患者さんのこころに細心の注意を払う診療を心がけています。患者さんが幸せに生きるために少しでも役に立ちたいと思います。

略歴

星槎大学大学院教育実践研究科教授
東京大学農学部農芸化学科卒、その後、東京大学教育学部学士入学を経て東京医科歯科大学医学部卒。東京医科歯科大学医学部神経科精神科にて研修。1987-89アメリカ,イエール大学関係病院子ども研究センターで客員研究員として臨床実習、1991-92スイスの製薬企業精神科臨床研究部研究員、法務省医療少年院、企業立総合病院神経科医長、茨城大学保健管理センター、福島大学人間発達文化学類(特別支援教育)および子どものメンタルヘルス支援事業推進室兼任教授などを経て現職。
大学生の休・退学、留年(ひきこもりを含む)、自殺等の全国調査責任者を長期間務めた。
クリニックでは特に女性のメンタルヘルスに力を入れている。英語での診察もしている。
著書「ひきこもりカルテ」法研,など

略歴を見る

閉じる

内田 千代子 

笠井 清登(かさい きよと)

診療に対するモットー

患者さんとご家族の思いや周囲の状況を自分の心に映し、響かせながら1回1回の診察を大事にしていきたいと思っています

略歴

東京大学医学部附属病院精神神経科教授
1995年東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科にて研修、1996-1997年国立精神神経センター武蔵病院、1999年東京大学医学部附属病院助手、2000-2002年ハーバード大学医学部精神科客員助手、2003-2008東京大学医学部附属病院精神神経科講師を経て現職。

略歴を見る

閉じる

笠井 清登

佐々木 司(ささき つかさ)

診療に対するモットー

限られた時間での外来診察において、私が心がけていることの第一は、経過の把握です。パニック障害やうつ病など、いわゆる「心の病」の多くは、経過が長く、そのパターンも人によって様々です。例えばパニック発作が頻発している状態が、実はその前数ヶ月間の疲労の蓄積の結果であったり、その後のうつ状態の前触れであったりなどです。
二番目は生活習慣の把握と改善です。睡眠が慢性的に不足していたり、あるいは生活リズムがとても不規則であったり、アルコールやカフェインの摂取が過剰であったり、という方も多いのですが、回復のためには、このような生活習慣の改善が必要です。これらを皆さんと一緒に工夫することで、治療の効果をあげていければと思います。

略歴

東京大学医学部医学科卒業後、同附属病院精神科にて研修。トロント大学クラーク精神医学研究所に留学。 東京大学講師、同助教授(准教授)を経て、2008年に東京大学教授(精神保健支援室長)。2010年より同大学院健康教育学分野教授に異動。
日本不安症学会理事長、日本学校保健学会常任理事、日本精神衛生会理事。専門誌「精神科」、「学校保健研究」編集委員。
不安障害を含む精神障害全般の臨床・疫学研究、精神保健教育の開発を主な研究分野としている。

略歴を見る

閉じる

佐々木 司

清水 真央(しみず まお)

診療に対するモットー

限られた診察時間の中でも患者さんのお話をよく聞いて、安心して治療を受けて頂けるよう心がけています。

略歴

2016年3月 岐阜大学医学部医学科卒
2016年4月ー2018年3月 千葉メディカルセンター 勤務
2018年4月 東京医科歯科大学精神科入局
2018年4月ー9月 東京医科歯科大学医学部附属病院精神科 勤務
2018年10月ー2020年9月 横浜市立みなと赤十字病院精神科 勤務
2020年10月ー2021年9月 大宮厚生病院 勤務
2021年10月ー2022年3月 東京医科歯科大学病院 勤務
2022年4月ー 健康長寿医療センター 勤務

略歴を見る

閉じる

清水 真央

船戸 弘正(ふなと ひろまさ)

診療に対するモットー

“その人らしさ”を大切にしながら、適切な治療を行うことで、不安・うつ・不眠は良くなります。“よくなる”というのは、通院不要になること、またはごく少量のお薬をのみながら、“その人らしい”安定した社会生活をいとなむことです。

略歴

東邦大学医学部教授、筑波大学教授(WPI-IIIS)
1994年東京医科歯科大学医学部卒。1998年東京医科歯科大学大学院修了。日本学術振興会特別研究員、東京大学医学部附属病院精神神経科、東京都立墨東病院神経科、山口大学医学部精神科助教、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター研究員を経て、2011年より現職。

略歴を見る

閉じる

船戸 弘正

南 ひろみ(みなみ ひろみ)

診療に対するモットー

ひとりひとりのライフスタイルに合わせた適切な治療を提供できるよう、丁寧な診察を心がけています。

略歴

東京女子医科大学卒業。
鹿児島大学病院にて初期研修を終了。
東京女子医科大学神経精神科に入局。
現在は外来診療の他、産業医業務に従事。

<資格>精神保健指定医、精神科専門医、日本医師会認定産業医

略歴を見る

閉じる

南 ひろみ

南 房香(みなみ ふさか)

診療に対するモットー

どんなことで困っているのか、どうして不安なのか、どんな方なのか、しっかり話を聴いて個人を理解することを出発点に、回復まで丁寧にサポートしたいと思います。

自身のライフワークとして、不安症やうつ病の予防を目標にしたい思います。まだ症状が軽いと思っている方、ストレスを溜めやすい方、妊娠・出産・子育てで悩んでいる方、家庭内や仕事のストレスで悩んでいる方、などまずはご相談下さい。お子さんやご家族と一緒の受診も歓迎です。

略歴

東京女子医科大学卒業。東京大学医学部附属病院にて初期研修を修了。慶應義塾大学医学部 精神・神経科助教。精神保健指定医。精神科専門医。
(赤坂クリニックは火曜日に、横浜クリニックは水曜隔週午後に診療)

略歴を見る

閉じる

南 房香